自己PRは当然その内容が重要視されます

自己PRは就活において、必ずと言っていいほど直面する問題です。

人事担当者に効果的に自分をアピールするためには、どのような自己PRをする必要があるのでしょうか。

ポイントとなるのが、当然その内容です。

ここで多くの就活生が陥りがちなのは、「何もアピールできる事柄がない」という問題です。

自己PRというと、「サークルの会長をやっていて」「ボランティアで海外に行って」など、スケールの大きなことを言わなければならないという先入観はありませんか?

実は、人事担当者が気にしているのは、「あなたがどれ程すごいことを成し遂げたか」ではなく、「あなたが何を考え、どのように行動する人間なのか」という点なのです。

そのため、何も大きな話をする必要は無いのです。

自分とはどういう人間なのか、ということが存分に表せるエピソードを話すようにしましょう。

そして、その上で、事前にリサーチしておいた、「その企業が求める人材」に近い人間であるということをアピールをしましょう。

どの企業を受けるときも、自己PRには同じエピソードを盛り込んで構いません。

しかし、それで身についたこと、得たことといったまとめの部分を、受ける企業によって変えるのです。

例えばアルバイトの話をしたとして、もし受けている企業がBtoCの会社であれば、「接客を通じてコミュニケーション能力がついた」ことをアピールすればいいですし、細かい事務作業をするような職種の場合は、「忍耐力と責任感を得た」ということをアピールすればいいのです。

このように、相手が何を求めているのかということを常に考えながら、臨機応変に自己PRをしていきましょう。

特別な体験をしていないからと言って、落ち込む必要はありません。

身近な体験の中から、あなたの個性をアピールする方法はきっとありますし、それを求めている企業はあります。

内容も大切ですが、やはり人柄や雰囲気、そして熱意を人事担当者は見ています。最後はやはり、どれだけ真剣さが伝わるかです。

とにかく企業研究をしっかりして、相手の求める就活生像と自分の姿がマッチングするようなところをどんどん見つけましょう。


PAGE TOP